研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 発酵食品学科
教職員身分 専任講師
氏名 大坪史人
フリガナ オオツボ フミヒト
専門分野 農業経済学・農村社会学・食料市場学
最終学歴 広島大学大学院 生物圏科学研究科 生物資源科学専攻
職歴(研究歴) 2011年4月~2014年4月:日立キャピタル株式会社(営業、経営企画・広報・IR) 2014年5月~2016年2月:安芸太田町役場・太田川産直市(地域おこし協力隊) 2016年2月~2018年3月:和歌山大学COC+推進室(特任助教) 2018年4月~2019年3月:和歌山大学岸和田サテライト(地域連携コーディネーター) 2019年4月~:現職
学位 農学修士
メールアドレス fotsubo@nm.beppu-u.ac.jp
研究テーマ キーワード 農林水産業・食料市場・農山漁村・地域づくり・6次産業化・農産物直売所・都市農村交流・商品開発など
具体的内容 【条件不利地域における農業支援組織の地域振興について】 条件不利とされる中山間地域・島嶼部では、農業従事者の高齢化や後継者不足などから農村集落機能の低下、交通手段を持たない買い物弱者の増加等も懸念される状況にあります。中山間地域の農山村においては、「限界集落」が増大しており、集落の機能低下が急速に進んでいます。高齢化が進み、出生数が減少し、自然減少にともない地域内人口が減少する「人の空洞化」にはじまり、農林業の担い手不足による耕作放棄等の「土地の空洞化」が生じ、集落機能の低下を招いています。このような状況を踏まえ、「ヒト」「モノ」「カネ」の領域に農山村で住み暮らし、農業・農村を維持運営している住民の消費生活や過疎化・高齢化が進行する中で、生活様式や暮らしのあり方等「クラシ」の領域をも連関させた総合的視点からの分析が必要だとされています。 本研究では、中山間地域の自治運営組織や農産物直売所(以下「直売所」と略す)といった組織が行う農業振興が地域の集落の維持や農村機能の維持に必要であることを示唆することを目的としています。 【これまでの研究】 1.農村社会における小規模農産物直売所の社会的意義に関する研究(広島県安芸太田町) 小規模な直売所の存在意義を明らかにすることで農村社会における直売所のあり方の検討を行ってきました。経営規模の大きな直売所が多く設立される中、過疎化が進展し、商圏人口の確保が難しく、地元の商店の経営が困難になっている中山間地域における小規模な直売所の地域振興拠点としての存在意義について広島県山県郡安芸太田町の太田川産直市を対象として、考察してきた。 地域内でのクラシに焦点を当て、それを支える社会的機能を持つことが小規模直売所の存在意義を高める事につながることを示唆した。 2.自家消費野菜の市場外流通が農家に与える影響に関する研究(広島県安芸高田市) 農業と親和性の高い企業が農村地域において、新たな野菜の販売経路を開拓し、自社を中心とした狭小地域での野菜流通が農家に与える影響・消費者に与える影響についてアンケートを用いて分析した。 3.JA佐渡における生物多様性ブランド農産物の販売戦略と農家対応の検証(新潟県佐渡市) 離島における持続可能性の高い環境保全型農業のあり方および地域内の流通を明らかにし、条件不利地域での農業・流通のあり方を検証した。
研究業績 主な論文 1.「農村社会における小規模農産物直売所の社会的意義に関する研究~広島県安芸太田町を事例として~」、筑波書房、農業市場研究 第24巻第1号【通巻105号】、2018年 2.「六次産業化の現状と教育効果における考察 ~和歌山県を事例として~」、和歌山大学クロスカル教育機構紀要 第一巻、2018年 3.「まち・ひと・しごと創生総合戦略」における地域連携の進め方に関する一考察-和歌山県橋本市を事例として-、和歌山大学地域連携・生涯学習センター 『大学地域連携研究 地域と大学を繋ぐコーディネーターネットワーク構築事業 Vol.4』、2017年 4.農村コミュニティビジネスの存立条件-野菜インターネット販売業「まごやさい」による域内流通に対する需要サイドの評価から-、岩波書店、農業経済研究、2019年 5.初年次学生における希望就職地の選択の現状-「わかやま未来学副専攻」に関する学生アンケートから-、和歌山大学「教養の森」センター『年報第3号』、2017年
主な著書
受賞歴及び社会活動 【外部資金】 1.基盤研究(C)「国産レモンのバリューチェーン構築によるカンキツ産地の維持と需要拡大戦略」 2017年(分担) 2.和歌山大学平成 29 年度「独創的研究支援プロジェクト」A 公募~大規模学術研究型~ 2017年(分担) 3.JA研究奨励事業「離島産地における農協の役割と社会的意義に関する研究」 2017-2018年(単独) 【受賞・賞状】 1.ひと・ゆめ・未来塾最優秀賞受賞2015 (広島県 地域政策局 中山間地域振興課主催) 2.太田川産直市感謝状 3.アグリカルチャーコンペティション2018審査員特別賞(JA全中主催) 4.和歌山大学岸和田サテライト友の会感謝状 【社会活動】 1.農業収益向上セミナー(広島県呉市)講師 2014年 2.JA広島市山県営業事務所 野菜栽培講習会(広島県安芸太田町) 講師 2015年 3.里山・里海リレーシンポジウムin広島(広島県) ゲスト報告 2015年 4.六次産業化のための人材育成研修会 (和歌山県) 講師 2016年 5.大学生のための地域おこし協力隊座談会(広島県神石高原町) 講演 2016年 6.ワダイノカフェ(和歌山県和歌山市)講演 2017年 7.和歌山県地域おこし協力隊研修(和歌山県)講師 2016-2017年 8.白浜町農業振興協議会 講演(和歌山県白浜町) 2018・2019年 9.わだい浪切サロン(大阪府岸和田市)講演 2018年 10.岸和田市ブックフェスタ実行委員 2018-2019年
所属学会 日本農業市場学会、食農資源経済学会、地域農林経済学会、日本広報学会
学生へのメッセージ 農業・林業・水産業や地域づくりに興味がある学生さん、フィールドワーク(課外実習)が得意なアクティブな学生さん一緒に活動していきましょう。
地域貢献 1.地域・企業とのインターンシップの拡充 2016-2018年 2.援農ボランティア支援 2018年 3.リビングストーリーワークシートの作成 2017年 4.フィールドワークの手引きの作成 2017年 5.地場産品を使った商品開発やイベントでの出店 2017-2019年
自由記述 地域の企業・地域活動をされている皆様 地域おこし協力隊や役場での勤務、農産物直売所の店長等の仕事を経験してきました。 また、研究では中山間地域を中心に農業条件が不利とされる地域や世界農業遺産に登録されている地域での研究活動を行ってきました。 一緒に地域を盛り上げていこうというやる気のある方や共同研究等をご希望される方はぜひご一報ください。 よろしくお願い申し上げます。


PAGE TOP