研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 発酵食品学科
教職員身分 専任講師
氏名 加藤礼識
フリガナ カトウ ヒロサト
専門分野 公衆衛生学・疫学・食品衛生学
最終学歴 奈良県立医科大学大学院修士課程健康政策医学専攻 奈良県立医科大学大学院博士課程公衆衛生学専攻
職歴(研究歴) 平成25年~27年 奈良県立医科大学女性研究者支援センター 研究支援員 平成28年~31年 太成学院大学看護学部  兼任講師 平成29年~31年 森ノ宮医療大学保健医療学部 兼任講師 平成30年~31年 京都光華女子大学健康科学部 兼任講師
学位 学士(地域創造学)、修士(医科学)、日本公衆衛生学会認定 公衆衛生学専門家、温泉入浴指導員
メールアドレス h-katoh【アット】nm.beppu-u.ac.jp
研究テーマ キーワード (1)食品衛生 ジビエ肉の安全性の研究 (2)食品防御 食品への意図的な異物混入に対する対策
具体的内容 (1)有害鳥獣駆除後の野生鳥獣肉の有効利用促進のためジビエ消費が推し進められているが、ジビエ肉を摂取したことによる食餌性感染症罹患が増加している。ジビエからの食事性感染症を予防するためにどのような手段が有効かを研究している。 (2)食品への異物混入事件が頻発し、一般市民にも食の安全に関心がもたれるようになった。食品防御は偶然ではない意図的な異物混入をどのように防ぐかという理論であり、食品安全よりも一歩進んだ食の安全対策である。食品テロにどう備えるのか?一緒に考えてみませんか?
研究業績 主な論文 (1)「看護師の就労継続をエンパワーメントする因子についての研究」日本衛生学雑誌、平成27年1月、加藤礼識、伊藤雪絵、吉田有紀、水野静枝、御輿久美子、今村知明 (2)「湯治目的の重症患者が集う温泉地と 地域医療体制の協調に関する研究」温泉科学誌、平成27年6月、加藤礼識、野田龍也、今村知明 (3)「国際的なイベントに向けた食品防御」食品衛生研究、平成29年8月、加藤礼識、神奈川芳行、赤羽学、今村知明
主な著書
受賞歴及び社会活動 平成27年3月 日本健康開発財団 第40回研究優秀賞 「湯治目的の重症患者が集う温泉地と 地域医療体制の協調に関する研究」
所属学会 日本公衆衛生学会 日本衛生学会 日本医療経済学会
学生へのメッセージ 君自身が必ず物語の主人公・主役でありなさい。君が主人公・主役であれば、どんな辛い障壁でも乗り越えることができるし、どんなことも諦めずに頑張れるはずです。そして君が主人公・主役ならば、君を助けてくれる仲間が必ず現れます。君が主人公・主役ならば、私は君の成長を支える重要な役割に徹します。 まぁ、簡単に言うとチョイ役に甘んじるなということです。
地域貢献 オリンピック・パラリンピック東京大会における食品テロ防止対策検討会 委員、行政機関や食品企業における食品防御の具体的な対策に関する研究班 研究員
自由記述 研究・卒論作成は4回生から始めなければならないと決まっているわけではない。興味ある分野・やりたいことが決まっているのであれば、3回生、2回生でも研究室の扉をノックしてください。


PAGE TOP