研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 発酵食品学科
教職員身分 准教授
氏名 陶山明子
フリガナ スヤマ アキコ
専門分野 応用微生物学、生化学
最終学歴 九州大学大学院農学研究院農芸化学専攻(発酵化学)修士課程 修了
職歴(研究歴) 平成19年4月~平成23年3月、平成24年4月~平成29年3月 九州大学大学院農学研究院学術研究員 平成29年4月 別府大学食物栄養科学部発酵食品学科准教授(現職)
学位 博士(農学)
メールアドレス aksuyama_at_nm.beppu-u.ac.jp ( _at_ を@に変えてください)
研究テーマ キーワード 酵母・麹菌、環境微生物、微生物育種、有用物質生産、タンパク質工学
具体的内容 (1)酵母や麹菌、細菌などの微生物を用いて、アルコール類・有機酸・タンパク質などの有用物質の生産を行います。また、これらの物質生産に関与する代謝系の遺伝子やタンパク質の機能解析を行っていきます。 (2) 食品のタンパク質や、微生物が産生するタンパク質を二次元電気泳動システムによって網羅的に解析し、特異的なタンパク質についてタンパク質同定を行い、それらの機能を検討します。 (3)大分県の花や土から有用な微生物(清酒酵母や環境汚染物質分解菌など)を探索します。 (4) 植物の硫黄同化酵素群の生化学的解析を行います。
研究業績 主な論文 (1)Production of 3-hydroxypropionic acid via the malonyl-CoA pathway using recombinant fission yeast strains. J Biosci Bioeng (2017);124(4):392-399. Suyama A, Higuchi Y, Urushihara M, Maeda Y, Takegawa K (2)Catechol O-methyltransferase homologs in Schizosaccharomyces pombe are response factors to alkaline and salt stress. Applied Microbiology and Biotechnology (2019) オンライン公開:DOI  10.1007/s00253-019-09858-0. A Tominaga, Y Higuchi, H Mori, M Akai, A Suyama, N Yamada, K Takegawa. (3)Contribution of root hair development to sulfate uptake in Arabidopsis. Plants (2019) 印刷中 Y Kimura, T Ushiwatari, A Suyama, R Tominaga-Wada, T Wada, A Maruyama-Nakashita (4)5'-nontranscribed flanking region and 5'-untranslated region play distinctive roles in sulfur deficiency induced expression of SULFATE TRANSPORTER 1;2 in Arabidopsis roots. Plant Biotechnology (2017);34:51-55. Maruyama-Nakashita A, Suyama A, Takahashi H (5)陶山明子、岡 瑞貴、毎田裕美子、米元俊一、岡本啓湖、大分県酒造協同組合、吟醸香の高い清酒用大分酵母の育種、別府大学大学院紀要No.20 p65-72(2018) (6)陶山明子、衞藤美加、藤原秀彦、麹に含まれるタンパク質の網羅的解析-麹作成に用いた麹菌間での比較-、別府大学紀要No.59p167-172 (2018) (7) Effects of Cadmium Treatment on the Uptake and Translocation of Sulfate in Arabidopsis thaliana. Plant and Cell Physiology (2016) doi: 10.1093/pcp/pcw156. Yamaguchi C, Takimoto Y, Ohkama-Ohtsu N, Hokura A, Shinano T, Nakamura T, Suyama A, Maruyama-Nakashita A (8) Identification of Novel Peptidyl Serine α-Galactosyltransferase Gene Family in Plants. The Journal of Biological Chemistry (2014); 289(30):20405-20420. Saito F, Suyama A, Oka T, Yoko-O T, Matsuoka K, Jigami Y, Shimma Y. (9) Role of lumenal domain on intracellular localization of tobacco membrane-anchored prolyl 4-hydroxylase. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2012); 76(11):2159-2161. Munemasa N, Suyama A, Matsuoka K (10) Enrichment and characterization of a trichloroethene-dechlorinating consortium containing multiple "dehalococcoides" strains. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2011); 75(7):1268-1274. Futagami T, Okamoto F, Hashimoto H, Fukuzawa K, Higashi K, Nazir KH, Wada E, Suyama A, Takegawa K, Goto M, Nakamura K, Furukawa K (11) 下水処理のノロウイルス除去効果とその検出濃度に及ぼす濃縮法の影響.下水道協会誌論文集 (2009); 46(561) : 91-101. 諏訪守、岡本誠一郎、尾崎正明、陶山明子 (12) 下水試料からのノロウイルス定量法の検討. 環境工学論文集 (2006); 43:255-261. 陶山明子、諏訪 守、鈴木 穣、尾﨑正明 (13) Emergence of two types of nondechlorinating variants in the tetrachloroethene-halorespiring Desulfitobacterium sp. strain Y51. Applied Microbiology and Biotechnology (2006); 70(6):720-728. Futagami T, Tsuboi Y, Suyama A, Goto M, Furukawa K (14) Biochemical and molecular characterization of a tetrachloroethene dechlorinating Desulfitobacterium sp. strain Y51: a review. Journal of Industrial Microbiology and Biotechnology (2005); 32(11-12):534-541. Furukawa K, Suyama A, Tsuboi Y, Futagami T, Goto M (15) Molecular breeding of various bph-tod hybrid strains for efficient degradation of trichloroethene. Journal of Environmental Biotechnology (2004); 3(2):95-100. Suyama A., Futagami T., Takeshita M., Goto M., and Furukawa K (16) Molecular characterization of the PceA reductive dehalogenase of Desulfitobacterium sp. strain Y51. Journal of Bacteriology (2002); 184(13):3419-3425. Suyama, A., Yamashita, M, Yoshino, S. and Furukawa, K
主な著書 Molecular Biology of Pseudomonads. Chapter8 (P81-94) Construction of Hybrid Operons Conferring Expanded Capability for Degrading Aromatic Hydrocarbons and Chlorinated Compounds. American Society for Microbiology (1996); Furukawa K, Kimura N, Iwakiri R, Nishi A, Suyama A.
受賞歴及び社会活動 社会活動 (1)学生GPによる「NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定チーズ検定」の受験促進事業と学科活動の学外アピールと地域貢献活動を含めた一般向けの公開講習会を開催 (2)企業から依頼を受けて研究 (3)日本生物工学会九州支部会評議員
所属学会 日本農芸化学会、日本生物工学会、日本生化学会、酵母遺伝学フォーラム
学生へのメッセージ 酵母、細菌、麹菌などを使って、バイオエタノールや有機酸などの有用物質生産に関与する遺伝子やタンパク質(酵素など)の機能を研究しています。また、有用物質生産量を増した遺伝子組換え菌などの創出も行っています。その他、環境汚染物質分解菌についても研究することが可能です。まだ発見されていない現象や機能を発見することが研究していく上での楽しみの一つです。一緒にいろいろな新しい発見をしていきましょう。
地域貢献 (1)出前実験 植物色素(赤キャベツなどのアントシアニン)のpHによる色の変化を見る実験など視覚的に理解しやすい実験を行って、化学や生化学への理解を深める手助けをしたいと思います。微生物や酵素を用いた実験も可能です。 (2)出前講義 ①酵母、細菌、麹菌を用いた有用物質生産(バイオエタノールやアミノ酸、抗生物質、バイオ医薬品など)について、最新のバイオテクノロジー技術も併せて講義します。 ②環境汚染物質分解菌による環境浄化について、バイオテクノロジー技術による分解力の向上を中心に講義します。 ③さまざまな発酵食品(味噌、醤油、ヨーグルト、チーズ、お酒など)と、それらを作る微生物について講義します。 ③ノロウイルスによる感染症について、バイオテクノロジー技術によるウイルス検出法を中心に、感染事例や対処法、ウイルス除去法などについて講義します。 (3)研究 ①酵母、細菌、麹菌などの遺伝子およびタンパク質の解析や有用物質生産に関する共同研究を行いたいと思います。 ②土壌や花などから有用な微生物の探索、分離 ③食品のタンパク質の解析 ④HPLC, GC, においかぎ付きGC-MS, プロテインシーケンサー, 食味センサーなどの機器を使用した分析・研究など。


PAGE TOP