研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 発酵食品学科
教職員身分 教授
氏名 藤原秀彦
フリガナ フジハラ ヒデヒコ
専門分野 微生物生態学、応用微生物学
最終学歴 九州大学大学院生物資源環境科学府生物機能科学専攻応用微生物学講座発酵化学分野
職歴(研究歴) 別府大学食物栄養科学部教授(現職)
学位 博士(農学)
メールアドレス fujihara@nm.beppu-u.ac.jp
研究テーマ キーワード 水平伝播、環境微生物、物質変換、ビフェニル/PCB、転写・発現制御
具体的内容 1.ビフェニル/PCB分解菌の有するビフェニル分解遺伝子群は接合伝達により他菌株へと転移し、水平伝播することが知られています。遺伝子の水平伝播により、微生物は進化・退化し環境に適応します。私たちの研究では、この水平伝播現象メカニズムを解析することで、分解遺伝子群の進化の謎を解明することを目的としています。 2.微生物は多くの化合物を産生することが出来ます。その中でも私たちが着目しているのは、木の成分であるリグニンです。微生物を用いリグニンから香料や生分解性プラスックの材料など新しい化合物を産生し、産業へ応用することを目的としています。
研究業績 主な論文 (1) Pseudomonas furukawaii sp. nov., a polychlorinated biphenyl-degrading bacterium isolated from biphenyl- contaminated soil in Japan.Int J Syst Evol Microbiol. Kimura N, Watanabe T, Suenaga H, Fujihara H, Futagami T, Goto M, Hanada S, Hirose J. (2) Insights into the genomic plasticity of Pseudomonas putida KF715, a strain with unique biphenyl-utilizing activity and genome instability properties. Environ Microbiol Rep. 2017 Jun 19. doi: 10.1111/1758-2229.12561. Suenaga H, Fujihara H, Kimura N, Hirose J, Watanabe T, Futagami T, Goto M, Shimodaira J, Furukawa K. (3) Complete Genome Sequence of the Polychlorinated Biphenyl-Degrading Bacterium Pseudomonas putida KF715 (N BRC 110667) Isolated from Biphenyl- Contaminated Soil. Genome Announc.2017 vol.5 no.7, Suenaga H, Yamazoe A, Hosoyama A, Kimura N, Hirose J, Watanabe T, Fujihara H, Futagami T, Goto M, Furukawa K. (4) Draft Genome Sequence of the Poly chlorinated Biphenyl-Degrading Bacterium Pseudomonas stutzeri KF716 (NBRC 110668). GenomeAnnouncement 2015, vol.3 no. 5, Hirose J, Yamazoe A, Hosoyama A, Kimura N, Suenaga H, Watanabe T, Fujihara H, Futagami T, Goto M, Furukawa K. (5) Draft Genome Sequence of the Polychlorinated Biphenyl-Degrading Bacterium Comamonas testosteroni KF 712 (NBRC 110673). GenomeAnnouncement 2015, vol.3 no. 5, Jun Hirose, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Nobutada Kimura, Hikaru Suenaga, Takahito Watanabe, Hidehiko Fujihara, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Kensuke Furukawa (6) Draft Genome Sequence of Pseudomonas aeruginosa KF702 (NBRC 1106 65), a Polychlorinated Biphenyl-Degrading Bacterium Isolated from Biphenyl-Contaminated Soil. Genome Announcement 2015, vol.3 no. 3, Hidehiko Fujihara, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Hikaru Suenaga, Nobutada Kimura, Jun Hirose, Takahito Watanabe, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Kensuke Furukawa (7) Draft Genome Sequence of Pseudomonas abietaniphila KF701 (NBRC110664), a Polychlorinated Biphenyl-Degrading Bacterium Isolated from Biphenyl- Contaminated Soil. GenomeAnnouncement 2015, vol.3 no. 3, Hidehiko Fujihara, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Hikaru Suenaga, Nobutada Kimura, Jun Hirose, Takahito Watanabe, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Kensuke Furukawa (8) Draft Genome Sequence of Pseudomonas abietaniphila KF717 (NBRC 110669) Isolated from Biphenyl-Contaminated Soil in Japan, Nobutada Kimura, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Jun Hirose, Takahito Watanabe, Hikaru Suenaga, Hidehiko Fujihara, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Kensuke Furukawa, GenomeAnnouncement, vol.3 no. 2 (2015) (9) Draft genome sequence of the polychlorinated biphenyl-degrading bacterium Pseudomonas putida KF703 (NBRC 110666) isolated from biphenyl-contaminated soil, Hikaru Suenaga, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Nobutada Kimura, Jun Hirose, Takahito Watanabe, Hidehiko Fujihara, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Kensuke Furukawa, GenomeAnnouncement, vol.3 no. 2 (2015) (10) Draft genome sequence of the polychlorinated biphenyl-degrading bacterium Cupriavidus bacilensis KF708 (NBRC 110671) isolated from biphenyl-contaminated soil, Hikaru Suenaga, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Nobutada Kimura, Jun Hirose, Takahito Watanabe, Hidehiko Fujihara, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Kensuke Furukawa, GenomeAnnouncement, vol.3 no. 2 (2015) (11) Draft Genome Sequence of Cupriavidus pauculus KF709, a Biphenyl-Utilizing Bacterium Isolated from Biphenyl-Contaminated Soil, Takahito Watanabe, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Hidehiko Fujihara, Hikaru Suenaga, Jun Hirose, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Nobutada Kimura, Kensuke Furukawa GenomeAnnouncement, vol.3 no. 2 (2015) (12) Draft Genome Sequence of Pseudomonas toyotomiensis KF710, a Polychlorinated Biphenyls-Degrading Bacterium Isolated from Biphenyl-Contaminated Soil, Takahito Watanabe, Atsushi Yamazoe, Akira Hosoyama, Hidehiko Fujihara, Hikaru Suenaga, Jun Hirose, Taiki Futagami, Masatoshi Goto, Nobutada Kimura, Kensuke Furukawa GenomeAnnouncement, vol.3 no. 2 (2015)
主な著書 (1) 難分解性化学物質の微生物による分解・無毒化技術.後藤正利、二神泰基、藤原秀彦、古川謙介.株式会社 情報機構 (2007)
受賞歴及び社会活動 日本農芸化学会西日本支部奨励賞 大分県立大分舞鶴高等学校スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業 指導教員
所属学会 日本農芸化学会、日本生物工学会、日本環境バイオテクノロジー学会
学生へのメッセージ  私たちの研究グループは「環境微生物グループ」といいます。環境汚染物質分解菌をはじめとした多くの種類の微生物を扱っています。微生物を用いて、進化や退化現象の解明、微生物変換技術を用いた新規化合物の産生等,微生物のもつ無限の可能性を求め、日々研究を行っています。  「研究は自分で面白くする」が私の恩師の言葉です。卒業研究で培った研究に対する姿勢は、社会にでてからも必ず役に立ちます。学生実験や講義で学んだ知識を大いに発揮して、ともに研究を面白くしていきましょう。
地域貢献 ~出前実験~ 高等学校向け 「GFPの観察とその性質」GFPとはクラゲ由来の蛍光物質です。本出前実験では、大腸菌に生産させたGFPを利用し、pH、温度変化による蛍光変化を観察します。実験結果から、GFPの性質を探ります。 「発酵を見てみよう」発酵とは,微生物の力を利用した化学反応です。本で前実験では、デンプンや各種糖と、酵母、麹菌、酵素製剤を用いて、微生物や微生物酵素のもつ働きを視覚的にも分かりやすく実験します。また、酵母ビーズを用いたバイオリアクターの作成も行い,産業へ応用する際のポイント等の解説もおこないます。 ~出前講義(高等学校向け)~  環境汚染物質分解菌の紹介を行います。最先端のバイオテクノロジーによるスーパー微生物の創生を紹介し、微生物の持つ可能性について講演を行います。


PAGE TOP