研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 食物栄養学科
教職員身分 准教授
氏名 梅木美樹
フリガナ ウメキ ミキ
専門分野 調理学
最終学歴 大妻女子大学大学院家政学研究科食物学専攻 修了
職歴(研究歴) 別府大学食物栄養科学部食物栄養学科(平成29年4月~現在)
学位 博士(学術)
中学校教諭専修免許状(家庭)
高等学校教諭専修免許状(家庭)
メールアドレス umemiki@nm.beppu-u.ac.jp
研究テーマ キーワード 調理学、調理特性、食品の機能性
具体的内容 地域に密着した研究を目指し、大分県内で生産される食品を主な研究対象としています。大分県の食品について、その調理性やおいしく食べられる調理方法の開発が研究テーマです。また、郷土料理、認知度の低い食品の普及にも取り組み、大分県の食文化の伝承につながる研究も行っていきたいと考えています。
研究業績 主な論文 (1)A. Suzuki, E. Hirakawa, M. Umeki, K. Sakai, M. Koya, H. Oda, S. Mochizuki, K. Nobuoka, and Y. Ishikawa :Yuzu, Citrus junos, peels extract ameliorated hepatic steatosis induced by chloretone in rats. Food Sci. Technol. Res., 27(2):281-292(2021)
(2)S. Sun, F. Hanzawa, D.Kim, M. Umeki, S. Nakajima, K. Sakai, S. Ikeda, S. Mochizuki, and H. Oda: Circadian rhythm-dependent induction of hepatic lipogenic gene expression in rats fed a high-sucrose diet. J. Biol. Chem., 294(42):15206-15217(2019)
(3)S. Sun, F. Hanzawa, M. Umeki, Y. Matsuyama, N. Nishimura, S. Ikeda, S. Mochizuki, and H. Oda: Impacts of high-sucrose diet on circadian rhythms in the small intestine of rats. Chronobiol. Int., 2019 Mar 28,1-12(2019)
(4)H. Shimizu, F. Hanzawa, D. Kim, S. Sun, T. Laurent, M. Umeki, S. Ikeda, S. Mochizuki, and H. Oda: Delayed first active-phase meal, a breakfast-skipping model, led to increased bodyweight and shifted the circadian oscillation of the hepatic clock and lipid metabolism-related genes in rats fed a high-fat diet. PLoS ONE 13(10),e0206669(2018)
(5)S. Sun, F. Hanzawa, M. Umeki, S. Ikeda, S. Mochizuki, and H. Oda :Time-restricted feeding suppresses excess sucrose-induced plasma and liver lipid accumulation in rats. PLoS ONE 13(8), e0201261(2018)
(6)T.Chijimatsu, M.Umeki, S.Kobayashi, Y.Kataoka, K.Yamada, H.Oda, and S.Mochizuki :
Dietary freshwater clam (Corbicula fluminea) extract suppresses accumulation of gepatic lipid and increases in serum cholesterol and aminotransferase activitiesinduced by chloretone in Rats. Biosci. Biotechnol. Biochem., 79(7), 1155-1163 (2015)
(7) T.Chijimatsu, M.Umeki, Y.Kataoka, S.Kobayashi, K.Yamada, H.Oda, and S.Mochizuki :
Lipid components prepared from a freshwater Clam (Corbicula fluminea) extract ameliorate in hypercholesterolaema inrats fed high-cholesterol diet. Food Chem. 136, 328-334 (2013)
(8) T.Chijimatsu, M.Umeki, Y.Okuda, K.Yamada, H.Oda, and S.Mochizuki : .The fat and protein  fractions of freshwater clam (Corbicula fluminea)extract reduce serum cholesterol and enhance bile acid biosynthesis andsterol excretion in hyper cholesterolaemic rats fed a high-cholesterol diet. Br.J.Nutr. 105, 526-534 (2011)
(9) K.Sakai, K.Oue, M.Umeki, M.Mori, M. Kuribayashi, and S.Mochizuki : Species-specific FISH analysis of cecal microflora in rats administered with lactic acid bacteria. World J. Microbiol. Biotechnol. 22, 493-499 (2006)
(10) 梅木美樹,野本沙織,宇多明日美,児玉望,廣瀬正純,望月聡 : カボス搾汁残渣がラットの血清および肝臓脂質に及ぼす影響 日本食物繊維学会誌 9(2), 101-108 (2005)
(11) M.Umeki, K.Oue, M.Mori, S.Mochizuki, and K.Sakai : Fluorescent in situ hybridization of cecal microflora in rats simultaneously administrated Lactobacillusrhamnosus KY-3 and cellobiose. Food. Sci. Technol. Res. 11(2), 168-170 (2004)
(12) M.Umeki, K.Oue, S. Mochizuki,Y. Shirai,and K.Sakai : Effect of Lactobacillus rhamnosus KY-3 and cellobiose as synbiotics on lipid metabolism in rats. J. Nutr. Sci. Vitaminol. 50, 330-334 (2004)
(13) 梅木美樹,安東史子,岩橋妙子,外薗英樹,林圭,大森俊郎,望月聡 : 発酵大麦ファイバーがラットの肝臓脂質蓄積に及ぼす影響 日本食物繊維研究会誌 7(2), 81-88 (2003)
主な著書
受賞歴及び社会活動 日本調理科学会 九州支部幹事
日本栄養・食糧学会 九州・沖縄支部参与
日本食物繊維学会 評議員
所属学会 日本調理科学会、日本栄養・食糧学会、日本食物繊維学会、日本食品科学工学会
学生へのメッセージ 大学における調理学は、理論を学ぶ「調理学」、調理の技術を習得する「調理学実習」、調理操作による食品の化学的,物理的な変化を実際に自分の目で見て発見し、調理操作が科学的な理論に基づいていることを知る「調理学実験」から構成されています。この3つの視点から調理学を学ぶことで、学生のみなさんには、ただ単に何も考えずレシピ通り調理をするのではなく,調理を科学的に捉えられる視点を持ち「きちんと」調理できる管理栄養士を目指してほしいと思います。
地域貢献 (1)地域の方を対象とした「親子料理教室」を行っています。親子料理教室では、切り方、器具の使い方などの調理の基本を経験していただくことで、調理の楽しさを知ってもらい、こども達の食への関心につなげたいと考えています。
(2)玖珠町産大麦の調理性の研究、レシピ開発および商品開発を行っています。玖珠町産大麦の普及を通じて玖珠町の地域活性化につなげたいと考えています。


PAGE TOP