研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 食物栄養学科
教職員身分 教授
氏名 仙波和代
フリガナ センバ カズヨ
専門分野 代謝免疫学
感染免疫学
最終学歴 鹿児島大学大学院歯学研究科卒業
職歴(研究歴) 大分大学総合科学支援センター(医学部微生物学講座) 助教
宮崎大学フロンティア科学実験センター        特任助教
学位 歯科医師
博士(学術)
メールアドレス kazutan@nm.beppu-u.ac.jp
研究テーマ キーワード 研究キーワード:血糖値・代謝・免疫・感染・樹状細胞
具体的内容 免疫学や代謝の研究をしています。

感染免疫学
①生体内に特定のウイルスや細菌が侵入した際にどのような免疫細胞が誘導されるの か、またどうようなシステムで微生物が生体内の免疫を回避しているのかについて研究を進めています。
②栄養素がどのように免疫力を向上させうるのかを検討しています。

代謝学:生体内の抗酸化作用、骨端線などの研究をすすめています。
研究業績 主な論文 (1)Possible involvement of food texture in insulin resistance and energy metabolism in male rats.
J Endocrinol. ;222(1):61-72. doi: 10.1530/JOE-13-0553.
Cho-Rong Bae, Kazuya Hasegawa, Sayaka-Akieda-Asai, Yurie Kawasaki, Kazuyo Senba, Youn-Soo Cha and Yukari Date.

(2)Involvement of guanylin and GC-C in rat mesenteric macrophages in resistance to a high-fat diet.
J Lipid Res. 2013 Jan;54(1):85-96. doi: 10.1194/jlr.M029017. Epub 2012 Oct 17.
Akieda-Asai S, Sugiyama M, Miyazawa T, Koda S, Okano I, Senba K, Poleni PE, Hizukuri Y, Okamoto A, Yamahara K, Mutoh E, Aoyama F, Sawaguchi A, Furuya M, Miyazato M, Kangawa DateY.

(3)Oral administration of an HSP90 inhibitor, 17-DMGM, intervenes tumor-cell infiltration into multiple organs and improves survival period for ATL model mice. Blood Cancer Journal 3,e132,2013,doi:10.1038/bcj.2013.30
E Ikebe, A Kawaguchi, K tezuka, S Taguchi, S Hirose, T matsumoto, T mitsui, K Senba, A Nishizono, M Hori, H Hasegawa, Y Yamada, T Ueno, Y Tanaka, H Sawa, w Hall, Y Minami, KT Jeang, M Ogata, K Morishita, H Hasegawa, J Fujisawa and H Iha.

(4)Passive carriage of rabies virus by dendritic cells. Springer plus 2,419,2013,
Kazuyo Senba, Takashi Matsumoto, Kentaro Yamada, Seiji Shiota, Hidekatsu Iha, Yukari Date, Motoaki Ohtsubo and Akira Nishizono.

(5)Possible involvement of melanocortin-4-receptor and AMP-activated protein kinase in the interaction of glucagon-like peptide-1 and leptin on feeding in rats.
BBRC 2012 Feb,16 (accepted)
Paul-Emile Poleni, Sayaka Akieda-Asai,Shuichi Koda, Maya Sakurai, Cho-Rong Bae, Kazuyo Senba, Youn Soo Cha, Mayumi Furuya, Yukari Date

(6) Sex differences in energy metabolism in pre-pubescent, early pubescent and adult rats.
Obesity Reserch & clinical practice 5, 119-128, 2011
E.Mutoh, K Senba, S.Akieda-Asai, A.Miyashita, P.E.Poleni, Y.Date

(7) Development and evaluation of a rapid neutralizing antibody test for rabies.
Journal of Virological Methods 161, 58-62,2009
Seiji Shiota, Kazuaki mannen, Takashi Matsumoto,Kentaro Yamada, Takehito Yasui, Katsuyoshi Takayama, Yukuharu Kobayashi, Pakamatz Khawplod, Kazuyo Gotoh, Kamruddin Ahmed, Hidekatus Iha and Akira Nishizono

(8)Evaluation of a new tumor necrosis factor-alpha-inducing membrane protein of Helicobacter pylori as a prophylactic vaccine antigen.
Helicobacter 14(5), 135-43, 2009

(9) A simple and rapid immunochromatographic test kit for rabies diagnosis.
Microbiol.Immunol 52, 1-7, 2008
Akira Nishizono,Pakamatz Khawplod, Kamurddin Ahmed, Kazuyo Gotoh, Seiji Shiota Kumato Mifune, Takehito Yasui, Katsuyoshi Takayama, Yukuharu Kobayashi, Kazuaki Mannen,Veera Tepsumethanon, Chanarong Mitmoonpitak, Satoshi Inoue and Kinjiro Morimoto Inoue K, Shiota S, Yamada K, Gotoh K, Suganuma M, Fujioka T, Ahmed K, Iha H, Nishizono A

(10)Suppression of the Bacterial Antigen-Specific T Cell Response and the DC Migration to the Lymph Nodes by Osteopontin.
Microbiol.Immunol51,135-147, 2007
Mst.Dilara Begum, Masayuki Umemura, Shigeyuki Kon, Ayano Yahagi, Satoru Hamada, Kiyotetus Oshiro, Kazuyo Gotoh, Akira Nishizono, Toshimatsu Ueda, and Goro  


    
主な著書
受賞歴及び社会活動 日本統合医療学会 委員 (2015年4月~2017年3月)
大分県衛生環境研究センター外部評価委員
大分県産業科学技術センター研究評価委員
おおいた中小企業活力創出基金助成金 審査委員

<これまでの研究費獲得>
1.免疫応答を促進するミネラルの同定とその応用
  (2020年~2023年 科研費 基盤C 代表)
2.還元性硫黄はガス性セカンドメッセンジャーを介し  て学習・記憶力を高めるか?
  (2014~2017 科研費 萌芽 代表)
3.咀嚼による抗老化作用の基礎的研究
  (2010~2012 科研費 基盤C 代表)
4.抗狂犬病ヒト型単クローン抗体カクテルのアジアにおけるフィールドトライアル
  (2007~2010 科研費 基盤B 分担)
5.流れを伴う固体壁上でのレジオネラ属菌のバイオフィルム形成機構と薬剤耐性効果の解明
  (2005~2006 科研費 基盤C 分担)
6.H.pylori感染による特発性血小板減少性紫斑病の発症機序の解析
  (2004~2005 科研費 基盤C 分担)
7.宮崎大学女性支援事業;脂肪組織浸潤CD11b+細胞の新規機能因子の探索と解析
  (2010年 代表)
8.別府大学特別強化事業費助成金;還元性硫黄食品の記憶力増強メカニズムの解明
  (2015年~2017年 代表)


所属学会 日本免疫学会 日本ウイルス学会 日本細菌学会
日本抗加齢学会 日本歯科基礎学会
学生へのメッセージ 「研究」と言っても、研究者のタイプは様々だと思います。コツコツ新しい物質を探すのが好きな研究者、研究の手技的な案を生み出していくことが好きな研究者、ひたすら手を動かし実験するのが好きな研究者。本当に千差万別だと思いますが、一つだけ共通点があります。それは「好き・楽しい」と感じて研究を行っている点です。私の場合は、不思議と思える事を、ああかもしれない?こうかもしれない?と考えていくことがとても大好きで研究者になりました。学生の皆様も、もし興味ある分野がありましたら、是非とも研究の世界を体験してみて下さい。
地域貢献 天然物質(植物や生物または鉱物由来の物質)には、生体の免疫系を刺激したり抑制したりする物質が数多く存在します。ここ近年、持続的な炎症反応が、癌のみならず、認知症や梗塞、その他様々な病気を誘導していることが判明し、炎症を抑制するメカニズムの解明や物質の探索が始まっています。そこで私も大分県の天然産物を使ったバイオアッセイを行い、免疫を抑制する新規物質の探索を行いたいと考えています。


PAGE TOP