研究者総覧参照


所属 食物栄養科学部 食物栄養学科
教職員身分 専任講師
氏名 中村弘幸
フリガナ ナカムラ ヒロユキ
専門分野 公衆栄養学、栄養疫学、健康科学
最終学歴 熊本県立大学大学院環境共生学研究科博士前期課程環境共生学専攻 修了
職歴(研究歴) 平成22年4月~別府大学食物栄養科学部 助教
平成27年4月~別府大学食物栄養科学部 講師
令和2年4月~別府大学食物栄養科学部 准教授
学位 環境共生学修士
管理栄養士
メールアドレス nakamura@nm.beppu-u.ac.jp
研究テーマ キーワード 地域栄養診断、栄養調査、食環境整備、食と健康、味覚センサー
具体的内容 1.高齢者健康増進教室の継続効果に関する研究
2.地域での食環境整備に関する研究
3.青壮年期の食生活改善への実践的取組みに関する研究
4.味覚センサーや官能評価を含めた料理・食品に関する研究
5.栄養調査を含めた地域診断に関する研究
6.その他栄養疫学的調査研究
研究業績 主な論文 (1)「Effects of High-Intensity Circuit Training on Calcaneal Bone Status in Collegiate Women」Yoshitaka Yoshimura,Hiroyuki Nakamura,Mihoko Shimomura,Kazuhide Iide,Kazuto Oda,Hiroyuki Imamura、Journal of Athletic Enhancement、2016
(2)「高齢者の転倒骨折予防を目的とした健康教室の効果(第3報)-10年間の継続運営に関する検討-」中村弘幸、長野力、平川史子、阿部智実、藤井康弘、江﨑一子、別府大学紀要、2015
(3)「男子体操競技選手における身体組成・身体状況のシーズン変動」杉島有希、姉川由香里、中村弘幸、澤村香菜子、植村隆志、田山哲至、浅田祐一、紫垣由則、鈴木公、熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要、2011
(4)「中高生サッカー選手の食事および生活状況がうつ度に与える影響」中村弘幸、原田香、小野秀二郎、永尾健次、杉島有希、鈴木公、熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要、2010
(5)「給食の有無が中学サッカー選手の体格、競技力、食生活に及ぼす影響」杉島有希、中村弘幸、紫垣由則、鈴木公、熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要、2009
(6)「中学生男子サッカー選手への機能性乳飲料摂取の効果について」中村弘幸、高野優、杉島有希、秋吉澄子、紫垣由則、鈴木公、熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要、2008
(7)「熊本県国体選手の健康状態と食生活~食品摂取頻度調査および種別による検討~」、杉島有希、中村弘幸、紫垣由則、伊藤雅浩、鈴木公、熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要、2007
主な著書 県民健康意識行動調査報告書、大分県(栄養調査部分の分析協力)、2017年
うま塩の手法・レシピ集、大分県、2017年
栄養科学シリーズNEXT「健康管理概論第3版」、講談社サイエンティフィク、2017年
おすすめ豊後高だし活用レシピ集、豊後高田市、2016年
県民健康づくり実態調査報告書、大分県(栄養調査部分の分析協力)、2013年
栄養科学シリーズNEXT「運動生理学」、講談社サイエンティフィク、2011年
所属学会 日本栄養改善学会、日本栄養・食糧学会、日本公衆衛生学会
学生へのメッセージ 食物栄養学科は国家資格である管理栄養士の受験資格を取得できます。そのため、授業や実習等が多くなっていますが、目標を見据えて4年間がんばってください。また、大学生の4年間というはあっという間です。一生懸命勉学に励み、様々な経験を積んでください。
地域貢献 各種イベント等での食を通した健康増進活動の実施
県内行政機関等からの各種受託研究の実施
大分県糖尿病サマーキャンプへの参加


PAGE TOP